×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガラッゾ

>トップ

gazou

ガ系のモビルスーツがテレビで初登場した頃、 余りにもテッカマンやジェフティに似てると某所で噂されていた。 しかし私はダンバインのオーラバトラーに似てると一人考えていました。 そんなとき、某所でガデッサをジェフティに改造している話を聞いて、 いても経ってもいられず作り始めたのがこいつです。 そんなわけで「ダンバインに出てても遜色のないデザイン」と、 デフォルメ版オーラバトラーのような「有機的な質感」をコンセプトとして制作しました。
完成品は こちら

gazou

gazou

gazou

額には第三の瞳。全身はある程度のまとまりを持ちつつも、 様々な質感を出そうと思いました。

gazou

シールドはこのモデルの大きな特徴のひとつです。 他とは少し違う質感を再現したいと思いました。イメージはカブトムシの前翅(ぜんし:一番上の固い羽)。

gazou

もちろん開閉可能。内部もちろん虫の体内みたいな少し気味の悪い配色に。

gazou

薄紫の部分はザラザラとした質感はなく、 エッジの少ない滑らかな表面にしました。

gazou

オリジナルのガラッゾにはヒジブレードが付いていましたが、 そこはオリジナリティを加えるためにヒジカッターに変更しました。 ビランビー?なにそれこわい。

gazou

甲殻の重なりのようなパーツ構成を意識して改造しています。 膝とふくらはぎのパーツの間に見える肉(通称「見せ肉」)で「複数のパーツを合わせました」 という感じをアピール。 その他、エッジを端を盛り上げることでより甲虫らしさをアップさせました。 また、薄紫の部分と黒い部分で質感が違います。

gazou

足首より下はほぼ新造。指は3本と共通していますがオーラバトラー同様、 複数の生物の素材を使っていることをイメージして鳥足にしてみました。 「空を飛ぶ(かつ、虫でないもの)≒鳥」ってな感じで。

gazou

バックパックと胴体を接続するパーツも固定にし、より滑らかに改造してあります。

gazou

バックパックももちろん可動。見えづらいですが内側も 虫嫌いの方が見れないようなデザインになっています。

gazou

主に黒い部分は激しい凹凸で、力強い「装甲」をイメージ。

gazou

ガラッゾカタール。こいつの唯一のオプション武装です。 ガラッゾの付属武器のナックルではやや情けない、されどオーラバトラーらしく 剣では余りに普通。よって「普通は思いつかない武器」なおかつ斬撃武器と 考えた結果がコレになりました。 しかもただのカタールでは面白味が無いと考え、デザインに少し ダンバインテイストを混ぜてみました。 ちなみに、この形状の武器は「カタール」ではなく「ジャマダハル」らしいですよ。

gazou

本当は一発ネタのつもりで作り始めたものの、時間と余計な思いつきのせいで OOガンダム放送終了後の完成になってしまいました。

gazou

エクシアにありがちなポージング。 思えば、少しずつ手を加えた結果、オリジナルのガラッゾと 比べかなり異様なデザインになっていますが、バランスはほとんどいじっていません。

gazou

個人的に1番好きなアングル。 ガ系は指の折りたたみも含め足が長いので煽り写真が映えますね。

gazou

地面に立たせると手の長さが異様に感じます。 配色はオリジナルのガラッゾを意識していますが全体のイメージは違います。

最後まで見ていただいてありがとうございます。 オーラバトラー風ガラッゾと言うことで甲虫の有機的なイメージと ダンバインの劇中で活躍しても遜色のないデザインに見えればいいなと思っています。 上の方で話しましたが、某所で拝見したガッデスジェフティーに対抗した、 いわば「ネタ」として制作を始めましたが、少し熱が入ったのと実生活が忙しく なったためにこの時期の完成となりました。

ご意見ご感想、叱咤激励などありましたら ブログでもどこへでもどうぞ。 すごくよろこびます。 色々貴重な意見、アドバイスをいただいた方々にはとても感謝してます そしてコンゴトモヨロシク

>トップ